ミニのラジエーターand水路洗浄とファン交換

またまた間が空いてしまいました。
皆さんお久しぶりですm(_ _)m

今日は久しぶりに暖かい休日だったので、ずっと懸案事項だったファン交換のついでに、ラジエーターと水路洗浄をやってみました。(((o(*゚▽゚*)o)))

先ずはグリルを外して、ラジエーターからクーラントを抜きます。
5D05ADEA-1EF8-45B5-88B0-138EDCF4440F.jpeg
サブフレームの真上に水抜き穴が!
ペットボトルでジョウゴを作って、なんとさけました(^◇^;)
E2E9AEBC-7CF0-4DEB-BCF9-B75A4A396CFA.jpeg
ラジエーターの中はこんな感じで、詰まってはいませんでしたが、汚れてますね( ̄▽ ̄;)
8B2054EE-4BDB-4BD8-ACBE-94BFF3C012D0.jpeg
洗車用のホースでジェット水流にしてラジエーター上からジャバジャバ洗い流しました。
3A187EA0-4A9A-4D99-BF3C-A592BD1F1376.jpeg
錆びっぽい砂の様な粒が少し出て来ました。

次にヒーター行きホースをサーモハウジングから外して、ジェット水流でホースから洗浄しました。
ラジエーターの水抜き穴からジャバジャバ、少し汚れたクーラント混じりの水が出て来ました。
31B1DCBF-B420-49B0-B990-BD3E50074647.jpeg
5F883786-A9FF-4899-B0D2-23E9F2701292.jpeg
さて問題のファン交換に移ります。
サーモハウジングとラジエーターの太いホースを外して、ラジエーター上側マウントを外します。
5D71C190-D32E-4E05-8970-293C9C779CBD.jpeg
ラジエーター下側はロングボルト1本で止まってます。
84E17C9D-F635-476E-B17C-DA4D11ECFDF5.jpeg
C4607229-4D49-49BA-B1A5-115FBF0D1CDF.jpeg
ボルトを外して、外側にズボッとズレました!
CD157ABF-5D70-42A0-B70D-0843D03516E8.jpeg
ココで注意事項です!
私のミニは、怪しい乱暴な改造がしてあって、ラジエーター外側ボディがパックリ切り取られているので、ラジエーターをズラすスペースがあります。
普通のミニはこんな風にはズラせません(^◇^;)

反り返ってました古いファンです
6AA8D30A-F772-4B80-A2BD-BFAE3A833EB1.jpeg
ボルト4本で止まってます。
外すとプーリーとカラーが一緒にポロリと外れますので、要注意です!

↓新旧比較です
80F46BAE-62DC-4F95-AA04-3000559AA1DA.jpeg
30B3266F-E8CF-4FFB-94DE-AE06A0B827E6.jpeg
古いファンのそり具合が良く分かります。
59618CBD-57E2-42FE-A1D5-6832F0D48194.jpeg
新しいファンを取り付けて
872965A9-4419-4AB2-94F1-A0E436114F1A.jpeg
ラジエーターを元に戻して、
ホースをしっかりホースバンドで止めます。

新しいクーラントを入れる前に、水道水を循環させて洗浄します。
エンジンアイドリングで、サーモが開くのを待って、エア抜きします。

すると、まだエンジン内に残っていた汚れたクーラントが出てきます。
3回ほどラジエーターから水抜きして、ほぼ透明な水になりました。

新しいクーラントを入れて完了です。

試走した感じだと、水温計がNより少し低いところで安定しています。
(((o(*゚▽゚*)o)))
メンテナンス前は、冬でも暖かい日だと水温計のNまで上がり、電動ファンが回ってました( ̄▽ ̄;)

一先ず懸念事項が減って良かった!

駄菓子菓子!
また1つ問題発見。゚(゚´Д`゚)゚。
ウォーターポンプ軸にガタが!!
一難去ってまた一難ですわ(−_−;)

車検前には出来そうにありません。
ブロスさんには、お金が無いので見逃して頂きましょうかね(;´Д`A

ではまた!

今日も最後までご覧頂き
ありがとうございました(*^▽^*)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント